独自メールアドレスを取得してGmailで送受信できる設定方法

独自ドメインgmail送受信

Wordprssでブログやサイトを立ち上げたら、独自ドメインのメールアドレスを取得したいですよね。
独自ドメインでのメールアドレスの取得はすごく簡単にできます。

ですが、レンタルサーバーのメールソフトは、ものすごく使いにくいです。
そこで、独自ドメインのメールアドレス取得方法から、取得した独自メールアドレスをGmailで送信・受信できるように設定します。

Gmailで独自ドメインのメールアドレスが使えるようになると、受信だけでなく、送信するときもGmailからできるようになります。

なので、Gmailに設定しておくと、ものすごく便利です!
ただし、基本的には同じですがレンタルサーバーによって少し、確認する部分が異なりますので注意してください。

この記事で紹介しているのは、エックスサーバーです。

Gmailをまだ契約していない方は「ビジネスで絶対使うべきGmailの理由と登録から使い方」をご覧下さい。

独自ドメインの取得方法

まずは、独自ドメインのメールアドレスを取得しましょう。

独自ドメインのメールアドレスは、レンタルサーバーの管理画面から行います。

エックスサーバーにログイン

エックスサーバーにログインをして、サーバーパネルにログインします。

独自ドメインをgmailで送受信する方法1

サーバーパネルにログインしたら、ドメイン設定を開きます。

独自ドメインをgmailで送受信する方法2

取得したいメールアドレスの独自ドメイン名を選択します。

独自ドメインをgmailで送受信する方法3

上記のタブから「メールアカウント追加」を選択します。

独自ドメインをgmailで送受信する方法4

独自ドメインのメールアドレスを決めます。

独自ドメインは「好きな文字列@ドメイン名」で決まるので、ドメイン名の前を入力します。
その後、パスワードを入力したらメールアカウントの作成をクリックします。

独自ドメインをgmailで送受信する方法5

メールアカウントの作成(確定)をクリックし、独自ドメインのメールアドレスを作成します。

独自ドメインをgmailで送受信する方法6

独自メールアドレス取得画面が表示されます。

独自ドメインをgmailで送受信する方法7

赤文字で表示されている部分が、新しく作成した独自メールアドレスです。

独自ドメインメールをGmailに転送する方法

エックスサーバーからGmailにメールを転送する必要があります。

メールアカウントの一覧の画面から「転送」をクリックします。

独自ドメインをgmailで送受信する方法8

メールアカウント一覧から、転送先アドレスに送りたいGmailアドレスを入力します。
入力後、転送設定の追加をクリックします。

独自ドメインをgmailで送受信する方法9

メール転送設定の追加完了画面が表示されます。

独自ドメインをgmailで送受信する方法10

これで、先ほど取得した独自ドメインのメールアドレスが、Gmailアドレスに転送されるようになりました。

Gmailで独自ドメインメールの送信設定方法

Gmailで独自ドメインのメールを受信できるようになりましたが、現在の設定では送信することができないので設定をします。

メールサーバーを確認

メールアカウント設定画面から、メールソフト設定の「送信メール(SMTP)サーバー」を確認します。

メールを送信するときは、SMTPサーバーというサーバーを使います。
逆にメールを受信するときは、POPサーバーというサーバーを使います。
独自ドメインをgmailで送受信する方法11_1

メールサーバー確認したら、メールを送信するためのSMTPのポート番号(587)を確認します。

エックスサーバーの公式ページ「メールアカウント設定内容」から確認ができます。

独自ドメインをgmailで送受信する方法12
ポート番号とは、メールを送信するための補助の番号の事です。
メール送信のためのSMTPのポート番号は「587」で固定されています。

SSLを使ったセキュリティの高いSMTPポート番号は「465」です。

Gmailの送信設定

Gmailを開いて、右上にある歯車をクリックします。

独自ドメインをgmailで送受信する方法13

先ほどの歯車の中から、設定をクリックします。

独自ドメインをgmailで送受信する方法14

設定画面が表示されるので、タブから、アカウントとインポートをクリックします。

独自ドメインをgmailで送受信する方法15

アカウントとインポートの中から、メールアドレスを追加をクリックします。

独自ドメインをgmailで送受信する方法16

名前と独自ドメインのメールアドレスを入力していきます。

名前は、メールを送信したときに、相手にメールアドレスの横に表示される名前の事です。
独自ドメインをgmailで送受信する方法25

SMTPサーバーを入力します。
基本的には入力された状態ですが、もし入力されていなかったら先ほど調べたSMTPサーバーを入力します。

ポートは「587」に設定し、ユーザー名とパスワードを入力し、TLSのセキュリティでアカウントを追加します。

独自ドメインをgmailで送受信する方法17
ユーザー名は、設定したいメールアドレスを入力します。
パスワードは、独自メールアドレスを取得するときに決めたパスワードを入力します。

アカウントを追加するとGmailにメールがきますので、確認コードをコピーします。

もし転送されてない場合は、この後のレンタルサーバーのメールソフトから受信したメールをご確認ください。その後、もう一度転送設定をやり直すようにしてください。
独自ドメインをgmailで送受信する方法19

先ほどコピーした確認コードを、入力する画面が表示されるのでペーストします。

独自ドメインをgmailで送受信する方法18

確認コードの入力ができたら、独自ドメインのメールアドレスでGmailから送受信できるようになりました。

Gmailからメールの送信方法

Gmailのメール作成画面のFromをクリックしすると、先ほど設定した独自ドメインのメールアドレスが設定されている事がわかります。

これを選択する事により、そのメールアドレスで送ることができます。

独自ドメインをgmailで送受信する方法26

表示されている名前は、メールを受け取った方に表示される名前です。

エックスサーバーのメールソフト

レンタルサーバーのメールソフトも使うことができます。
使いにくいのであまりオススメはしませんが、使い方を知っているとGmailで受信できなかったときに使えます。

エックスサーバーのログインの中にある、WEBメールをクリックする。

独自ドメインをgmailで送受信する方法20

メールアドレスと、取得したときのパスワードを入力します。

独自ドメインをgmailで送受信する方法21

メールパネル画面が表示されるので、ウェブメールをクリックします。

独自ドメインをgmailで送受信する方法22

メール画面が表示されるので、先ほど受信したメールをクリックします。

独自ドメインをgmailで送受信する方法23

そうすると、メールの中身が見れます。

もし、先ほどの転送設定ができていなかった場合は、ここから確認コードを確認してください。

独自ドメインをgmailで送受信する方法24

WEBメールを使えば、Gmailで不具合が起きて受信できなかったときに、メールがきてるか確認することができます。

まとめ

独自ドメインのメールアドレスはレンタルサーバーを借りていたら、無料で作ることができます。

なので、せっかく作れるのに作らないともったいないという状況です。
一度作ってしまえば、ずっと使い続けることができるので、早いうちから作っておくことをオススメします。

また、メールアドレスは1つだけでなく複数作ることができるので、他の人にアドレスを作ってあげることもできます。

ロリポップのようなレンタルサーバーによっては、SMTPのポート番号は「465」でないと送信できないようになっていますので注意が必要です。

【無料E-Book】
たった1記事で月間2万アクセス達成する7つの具体的な方法

あなたは頑張ってブログを書いているのに全くアクセス数が増えず、集客ができないと悩んでいませんか?


本書では、実際にたった1記事投稿しただけで月間2万アクセス以上集客できている経験を元に


・検索でのアクセス数を確実に集める具体的な方法

・SEOを最大限に発揮する方法

・集客できているブログだけが秘密の方法


など、アクセスアップに必要な情報と、集客に必要な情報を、画像を使いながら124ページに渡って詳細に解説しています。

ネット集客術

【無料アメブロテンプレート】
アメーバブログでアクセスが増加するテンプレート

アメーバブログを使っていて、アクセスが増えない、ビジネスなのに見た目があまり良くないと思っていませんか?


このテンプレートは、実際に有料ブログと変わらない機能が付いており


・大きなヘッダー画像で読まれやすい

・読者登録されやすい秘密

・記事を沢山見てもらえる動線


など、アクセスアップに必要な機能と、ビジネスに必要な機能を備え付けて、アメブロでも有料ブログのようなサイトが作れるように実現しました。

無料アメブロテンプレート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。