ロリポップにWordPressを簡単にインストールする方法

ロリポップ

WordPressでブログを運営していくことは、今後絶対に必要となってきます。

特にアメブロやFC2のように無料ブログを使っているならば、今後のためにも是非Wordpressを使うようにして欲しいです。
無料ブログには簡単に作れると言うメリットもありますが、デメリットが遥かに大きいです。

そして、WordpressはSEOにも強いため検索順位を上げる今後の手助けにもなってくれます。
また、ブログを運営していくにあたって、非常に使いやすいのでオススメです。

この記事を最後まで読んでいただければ、レンタルサーバーの契約からWordpressの導入まで迷いなくできます。

WordPressの導入を業者に依頼すると、導入だけで相場は約5万円程度します。
さらに、そこから契約している限り約月5000円のサーバー代が加算されます。

初めてだとなかなか難しいと感じてしまう部分も多いかもしれませんが、是非挑戦してみてください。

その際にまずは、レンタルサーバーの中でも安くて安定して使えるロリポップを選ばれる方も少なくないはず。
ロリポップは月500円で契約でき、格安で使えるサーバーの中では非常に使いやすいです。

私も「レンタルサーバーで失敗しない絶対に知っておくべき選び方」で詳しく書いていますが、まだWordpressを使ったことのない初心者が、ロリポップを最初のレンタルサーバーに選ぶことは賛成しています。

確かに2015年以前のロリポップに関しては、転送量の問題や、表示速度が遅いなどの不安要素がたくさんありました。
ですが、2016年以降のロリポップは新サーバーを設置しているので、以前にあった不安点をほとんど解消してくれているといっても間違いないです。

なので格安レンタルサーバーの中で運営していくにあたって、ロリポップを選ぶことは間違いはないでしょう。

また、途中でレンタルサーバーを変更したい場合も「WordPressをエックスサーバーに移行する簡単な方法」で説明しているので安心して乗り換えることができます。

ロリポップの契約

まずはレンタルサーバーである、ロリポップを契約しましょう。

ロリポップは10日間、お試し期間として無料で使うことができます。

ロリポップのプランを選択

ロリポップ – 公式サイト

まずは、上記の公式サイトから申し込みを行います。
ロリポップでは種類が4種類ありますが、スタンダードを選択しましょう。

ロリポップにWordpressイントール1

ロリポップのプランは全部で4種類です。

  • エコノミー
  • ライト
  • スタンダード
  • エンタープライズ

ロリポップではライト以上のプランでなくては、Wordpressをインストールすることができません。
そして、スタンダード以上でないと「モジュール版PHP」を使うことができないのです。
また、ライトだとWordpressも1つしか入れることができないため不便です。

モジュール版PHPを使うことにより、Webサイトの表示される速度があがります。
Webサイトの表示速度は非常に重要なので、絶対に使うべきです。

ロリポップの申し込み

スタンダードを選択したら、次はアカウントの作成をします。

アカウント名、パスワード、メールアドレスをそれぞれ入力していきます。

ロリポップにWordpressイントール2

アカウント名で作られるドメインは使用することはありません。

ですが、今後ロリポップにログインする際に必ず必要になりますので、忘れないようにしてください。

アカウント情報の入力が終わりましたら、次は個人情報を入力していきます。

ロリポップにWordpressイントール3

個人情報の入力が終わると、確認画面が表示されます。

間違いがなければ、利用規約にチェックをして「無料お試し開始」をクリックします。

ロリポップにWordpressイントール4

ブラウザから、申し込みの確認がされますので、OKをクリックしましょう。

ロリポップにWordpressイントール5

これでロリポップの契約ができました。
独自ドメインの取得をします。

独自ドメインの取得

それでは、申し込み終了画面から、独自ドメインの設定をクリックします。

ロリポップにWordpressイントール6

独自ドメインの設定をクリックすると、ロリポップのサーバー画面が起動されます。

その中に、「ステップ1,独自ドメインを取得する」の中の「ムームードメイン」をクリックします。

ドメインの取得できるサイトは他にもありますが、ロリポップとムームードメインは同じ会社が運営しているので相性が良いです。
ロリポップにWordpressイントール7

ムームードメインのホームページが表示されるので、取得したいドメインを入力します。

ロリポップにWordpressイントール8

ドメイン名を入力して検索をクリックすると、下の方に取得できるドメイン名が表示されます。

ロリポップにWordpressイントール9
  • ドメイン名で取得できないのは右側に「バツ」がつきます。
  • ドメイン名を取得できるものに関しては「マル」がついています。

ここで取得するドメインは、必ず「.com」にしましょう。
有名なドメインとして「.jp」「.net」「.info」などありますが、「.com」が取れるまで必死に検索しましょう。

これにはいくつか理由がありますが、一番使われていて信用が高いドメインと言えます。
このホームページのアドレスを見ていただいても、「.com」が使われています。
なので、使えないと「.net」などに妥協したくなりますが、頑張って探してみましょう。

ドメインは早い者勝ちですので、使いたいドメインが急に明日使えるようになったり、別のドメイン取得サイトで取得できるようなことはありえませんので注意してください。

ここでは、例として「.net」を選んで説明しています。
(登録はしていないので、画像のドメインに接続しても見れないです。)

ムームードメインの契約

ドメインが決定したら、ムームードメインの申し込みを行います。

ムームードメインのユーザー登録

初めてご利用の方の中にある、新規登録をクリックしましょう。

ロリポップにWordpressイントール10

ムームーIDとパスワードを決めて入力します。

その後、個人情報をそれぞれ入力していきます。

ロリポップにWordpressイントール11

入力が終了すると、確認画面が出てくるので確認してユーザー登録をします。

ロリポップにWordpressイントール12

そうすると、どことなくサザエさんを意識しているような、画面が出てくるので待ちます。

ロリポップにWordpressイントール13

ドメインの設定

ドメインの設定で、「WHOIS公開情報」は必ず「弊社の情報を代理公開する」にしてください。

ここを、代理公開にしてもらわないと、先ほど入力した個人情報が公開されてしまうので注意してください!誰でも住所等が見られるようになってしまいます。

お支払い方法を決めて、次のステップに行きます。(何もしないとクレジットに設定されています)

ムームーメールを契約しなくても、独自のメールアドレスは作ることができます。
ロリポップにWordpressイントール14

ドメインと一緒にいかがですか?っと出てきますが、これらは必要ありません。

なので、そのまま次のステップに行きましょう。

ロリポップにWordpressイントール15

利用規約に同意して、お支払い画面に移ります。

ロリポップにWordpressイントール16

ドメインのお支払い

クレジット入力画面が表示されるので、クレジット番号を入力しましょう。

ロリポップにWordpressイントール17

これで、ドメインを取得することができました。

ロリポップにWordpressイントール18

先ほど登録したロリポップのレンタルサーバーに、取得した独自ドメインの登録をしていきます。

独自ドメインの設定方法

独自ドメインの設定はロリポップのサーバーにログインして行います。

ロリポップにログイン

ロリポップの公式ページを表示して、右側にあるログイン中から「ユーザー専用ページ」をクリックします。

ロリポップにWordpressイントール19

ログインフォームが出てくるので、ロリポップ!のドメインにチェックを入れます。
ロリポップを契約した時に決めた、ドメイン名を入力しパスワードも入力します。

どちらも入力できたら、ログインボタンでログインします。

ロリポップにWordpressイントール20

ロリポップにログインすると、メールアドレスの確認が出てくるので「利用可能」を選択しましょう。

ロリポップにWordpressイントール21

独自ドメインの設定

ログインができたら、左側に「独自ドメイン」の項目があるので選択します。

ロリポップにWordpressイントール22

ステップ2に、独自ドメインをロリポップに設定をする項目があるので、先ほど取得したドメイン名を入力します。

その下にある、公開(アップロード)フォルダには、わかりやすい名前を付けておいてください。

公開フォルダとは、サーバーの中に入れておくファイルのフォルダを決める必要あります。
なので、画像だと「accesstheory」のドメインの時は「access」というフォルダの中にあるファイルを使いますということになります。
ロリポップにWordpressイントール23

ネームサーバーの認証

ネームサーバーの認証は、ムームーIDとパスワードを入れることによってできます。

別のドメインサイトからドメインを取得した方は、設定が異なるので注意してください。
ロリポップにWordpressイントール24

ドメインの最終確認

ドメイン名を確認して、間違いがなければ「設定」をクリックします。

ロリポップにWordpressイントール25

ブラウザからも再度ドメインの設定確認が聞かれますので、OKをクリックします。

ロリポップにWordpressイントール26

これで独自ドメインの設定が完了しました。
戻るボタンを押しましょう。

ロリポップにWordpressイントール27

独自ドメインがロリポップに適用されるまでには、1時間程度かかります。

なので、その間はWordpressをロリポップにインストールすることができないので注意してください。

WordPressのインストール

1時間ほどしたら、Wordpressをインストールしていきます。
通常では30分もすれば、独自ドメインの設定が適用されています。

左側の一覧から、「簡単インストール」の中にある「Wordpress」を選択します。

ロリポップにWordpressイントール28

WordPressのインストール先を入力する欄が出てくるので、先ほど設定した独自ドメインを選びます。

入力ではなく選択式になってます。

その隣にWordpressをインストールするフォルダ名を指定するので、わかりやすくWordpressの略で「wp」と入力しましょう。
その後、「サイトタイトル」「ユーザー名」「パスワード」などを入力していきます。

必ず「検索エンジンによるサイトのインデックスに許可する」はチェックを絶対に外さないようにしてください。

ロリポップにWordpressイントール29

ここで入力した「ユーザー名」と「パスワード」は、今後Wordpressのサイトを編集する時に毎回入力しますので覚えやすいほうが良いです。

ここでインデックスを許可するをチェック入れないと、検索エンジンに引っかからないので間違えないようにしてください。

間違いがなければ、「承諾する」にチェックを入れてインストールしましょう。

ロリポップにWordpressイントール30

これでWordpressのインストールが完成です。

完成すると、サイトURLと管理者ページURLが表示されます。
サイトURLが今公開されているWebサイトです。

WordPress管理者ページのログイン

管理者ページURLをクリックして管理者ページを開きます。

ロリポップにWordpressイントール31

WordPressのログイン画面が表示されます。

ここに、先ほどWordpressをインストールする際に登録した「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

ロリポップにWordpressイントール32

ログインが成功すると、Wordpressの編集画面が表示されます。

今後はこの画面を操作することで、Wordpressのいろいろな設定をしていくことができます。
完成したサイトを確認する場合は、左上のサイト名をクリックします。

ロリポップにWordpressイントール33

これでサイトが表示されました。

ロリポップにWordpressイントール34

サイトが表示されていれば、Wordpressは無事インストールされました。

テーマ(テンプレート)を変更することにより、無料ブログのように簡単にデザインを変えることができます。

ロリポップの支払い方法の設定

このままにしておきますと、10日後には使えなくなってしまいます。
なので、ロリポップの支払い方法の設定をする必要があります。

ロリポップのログイン画面から、左側にある「契約・お支払い」をクリックします。

ロリポップにWordpressイントール35

契約画面が出てくるので、少し下の方をみてみると入金状況が「未入金」になっています。

ここにある、お支払いをクリックしましょう。

ロリポップにWordpressイントール36

料金のお支払い画面が表示されるので、お支払い方法を選択して契約を確定させましょう。

契約期間が長いと、その分割引がされます。
私の場合は、12ヶ月コースを選択しています。

ロリポップにWordpressイントール37

契約を確定したら、お支払いができました。

自動更新設定

ロリポップは自動契約更新の設定ができます。

レンタルサーバーは自動的に更新する設定にしておかないと、いきなり契約がきれるという最悪な状況を防ぐことができます。
なので、解除する時は1ボタンで解除ができるので、基本的には設定をしておくことをオススメします。

お支払い画面の、真ん中あたりにある、自動更新設定のクレジットを選択します。

ロリポップにWordpressイントール38

自動更新設定のプラン設定などが出てくるので選択して設定ます。

ロリポップにWordpressイントール39

これだけで、ロリポップの自動更新を設定することができます。

解除する場合は、この画面の解除ボタンを押せば解除されます。

ロリポップにWordpressイントール40

次の更新の時がくると、先ほどの入金状況のところに、自動更新設定中という記載があります。
これで自動的に更新されることになります。

ロリポップにWordpressイントール41

ここまで終了したら、Wordpressをレンタルサーバーにインストールする作業は終了です。

今後はWordpressの管理者ページからログインをして、編集していくことになります。

まとめ

WordPressのインストールはできましたでしょうか。

正直初めてでWordpressをインストールするのは難しいかもしれません。

私がWordpressを初めてインストールした時は、全く訳がわからなかったです。
ですが、この記事を見たままレンタルサーバーの契約から、順を追っていけばインストールまではできるようになっています。
一度やってみてよくわからなかった場合は、再度違う日に挑戦してみるのも良いです。
苦手な人にとっては、ブログをするだけなのに頭が痛くなっちゃうような手順の長さです。

設定する項目が多いので難しく感じるかもしれませんが、一度インストールしてしまえば無料ブログのように変更できるのがWordpressの良いところです。

そして、機能も無料ブログと比べたら、比べられないくらい違います。

ロリポップはかなり使いやすくて、性能が良いので安心して使ってください。

【無料E-Book】
たった1記事で月間2万アクセス達成する7つの具体的な方法

あなたは頑張ってブログを書いているのに全くアクセス数が増えず、集客ができないと悩んでいませんか?


本書では、実際にたった1記事投稿しただけで月間2万アクセス以上集客できている経験を元に


・検索でのアクセス数を確実に集める具体的な方法

・SEOを最大限に発揮する方法

・集客できているブログだけが秘密の方法


など、アクセスアップに必要な情報と、集客に必要な情報を、画像を使いながら124ページに渡って詳細に解説しています。

ネット集客術

【無料アメブロテンプレート】
アメーバブログでアクセスが増加するテンプレート

アメーバブログを使っていて、アクセスが増えない、ビジネスなのに見た目があまり良くないと思っていませんか?


このテンプレートは、実際に有料ブログと変わらない機能が付いており


・大きなヘッダー画像で読まれやすい

・読者登録されやすい秘密

・記事を沢山見てもらえる動線


など、アクセスアップに必要な機能と、ビジネスに必要な機能を備え付けて、アメブロでも有料ブログのようなサイトが作れるように実現しました。

無料アメブロテンプレート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。